スポンサーリンク

今回は前回初登場したマネージャーの女の子(奈緒)メインのお話です。今回の話で彼女のフルネームが判明しますよ!

彼女と真修の関係は…?今後どのような関係になるのか…?

さっそくネタバレにいきましょう!!

第3話 うさぎ

今回は奈緒の登校シーンから始まります

咳が出ていますし体調が悪いのかも…?

奈緒は昨日、試合の日に渡しそびれたプリントを渡すために真修を探します

真修は当番で、うさぎの面倒を見ていました

奈緒はプリントを渡す際、真修が昨日の帰りに一緒にいた女性は誰かと尋ねます

「やさしいひとなんだ」

嬉しそうに言う真修の横顔から奈緒はなにかを察したようです

奈緒はふと、うさぎ当番は2人で行うはずだと思い出します

もう一人の当番はサボったようです

うさぎ当番は好きだから一人でも良いという真修を奈緒は手伝います

「小片(奈緒の苗字)さんやさしいね」

そう言う真修に奈緒が人に親切にするのは普通だと述べると真修の顔が陰ります

うさぎの世話を終え教室に向かう菜緒ですが、体調が優れず少し辛そうです

一人の女の子が真修の机に勝手に荷物を置いてしまいます

菜緒はそのことを注意しようと思いましたが、別の女の子の言葉に遮られ注意できませんでした

負い目を感じながらも、それが私の”普通”なのだと思いながら…

給食中、菜緒はとうとう我慢できず嘔吐してしまいます

皆が離れていく中、真修だけが菜緒のもとへ…

菜緒にハンカチを渡し、嘔吐物を片付けます

真修につられた周囲の子等に介抱されながら菜緒は保健室へと連れて行かれます

真修の”普通”のやさしさに触れた菜緒は、出会いのきっかけであるうさぎに、

真修のやさしさに、

((皆にきずいてもらわなきゃ))

そう思うのでした

聡子は会社からの帰宅際でまたしても椎川に呼び止められます

「彼氏でもできたのか」

椎川に言われて浮かんだのは真修の笑顔でした

含みのある笑みで

「お先、失礼します」

と、してやったりの聡子ですが、後になって真修の顔が浮かんだことに軽くショックを受けていました

一方思わぬ反応を受けた椎川は何やら思案しているような表情に…

以上が私の少年3話のネタバレになります!

「やさしいひとなんだ」

聡子をそのように称したときの真修の嬉しそうな表情がたまりません!!何度も見返しちゃいました!!

「人に親切にするのは普通」その言葉を聞いて聡子のやさしさは普通のことなのか、自分は特別じゃないのか、とショックを受ける真修

自分の普通のやさしさと、真修の普通のやさしさ…その違いを知った菜緒

この二人の関係の変化も今後気になるところです!

そして彼氏という単語から真修を連想した聡子との関係にどのような名前がつくのか!!

私の少年の今後の展開から目が離せません!!!

スポンサーリンク
おすすめの記事