スポンサーリンク

元となった作品、プロミネンスシンデレラでは社長令息の高校生、片岡壱成(かたおか いっせい)が旦那の不倫が原因で離婚し路頭に迷っていた桂木早梅(かつらぎはやめ)を拾うところから始まります

壱成は寝床、生活用品を提供する条件で早梅に暇つぶしの相手になるように要求します

拒否した早梅でしたがひょんなことから壱成宅の掛け軸を汚してしまい、300万円の弁償をするためにリアル人生ゲームの相手になることを決めました

これはそんな二人の出会いから半年がたった後のお話です!

第一話 ケーキ

最初こそ早梅のことを暇つぶしの相手程度にしか思っていなかった壱成ですが、芯が強く人の内面をよく見てくれる早梅に惹かれていき、

半年たった今では早梅の喜ぶ顔を見るためだけに、学校終わりに行列に並び有名店のケーキを買って帰るほどに惚れ込んでいます

早梅も借金を返し終え、現在は壱成の元で住み込みで働いています

早梅自身、壱成の根を評価していますがそこに恋愛の感情はまだ見られませんねぇ

一方全く自分を意識している様子の無い早梅を意識させようと壱成は揺さぶりをかけますが空振り、

逆に早梅の発言で更に早梅への好意が高まる一方!!

しかしそんな壱成にチャンスが…!!

壱成の行動をケーキが食べ足り無いのかと勘違いした早梅が、壱成にあーんを仕掛けます

これだ!と意気込む壱成でしたが壱成が食べる直前に早梅が自分でパクっ


まんまとひっかかった壱成にご満悦な早梅、そんな早梅を見てハートを打ち抜かれる壱成


まだまだ先が長そうです!!


#バツイチアラサー女子と男子高校生1巻 20ページより引用

第二話 身長

なんとかして早梅に意識させたい壱成は、使用人の吉寅を使い作戦を実行します!


その作戦とは…身長差で意識させよう作戦!


#バツイチアラサー女子と男子高校生1巻 24ページより引用

布巾を早梅の手の届かない所に置き、代わりに壱成が取ってあげることで意識させようというものです

さっそく吉寅(178cm)が配置した布巾が取れなくて困っている早梅のもとに壱成がやってきます

しかし…届かない!!!(壱成 172cm)


((オレが届くところに置けよ!!))

内心怒る壱成をよそに早梅は吉寅に取って貰うよう頼み、布巾を手に入れてしまいました

落ち込む壱成に早梅が尋ねます

「身長を気にするなんて、好きな人でもできたの?何センチくらい?」

160cmくらいと答える壱成に

「私と同じくらいじゃん!」

と早梅

((お前だよっ!))

と内心突っ込みを入れる壱成でしたが

「だったらいいんじゃない。ちょうどいいじゃん、私達」

早梅のこの発言で壱成は顔真っ赤!!

やはり早梅はまだ意識していないようで、純粋にアドバイスしているように見えますね

弟に対する発言って感じです!

一方壱成は乱されっぱなしで終始顔真っ赤でした

今回も空振りみたいです!

第3話 本命チョコ

今日はバレンタイン

顔が良い壱成は学校から大量のチョコを持ち帰り早梅を驚かせます

しかし何とかして早梅からのチョコが欲しい壱成には全く嬉しくなかったみたいです


早梅はそんな様子の壱成に

「本命からは貰えなかったの?」

と投げかけます

クソガキくらいにしか意識されていないと不貞腐れて返す壱成に

「相手年上なの?気付いてないならストレートに伝えてみなよ」

とアドバイスする差梅

それに対し壱成は

「好きだ」

「保護者みたいにうるさいとこも、向こう見ずで突っ走るところも、全部…」


おぉ!!とうとう告白か!!よく言った!!

と思いきや

「…とか言えばいいわけ?」

このヘタレ!

すごい好きなんだと驚く早梅に壱成は続けます

「まぁな!!だからそいつ以外から貰うチョコなんてうれしくねーの!!」

この言葉を聴いた早梅の表情が強張ります

壱成はさらに続けます

「お前は誰かにあげないの?」

早梅は強張った表情で、あげないと答えます

それを聞いた壱成は落ち込みながら部屋を出て行きます

壱成が出て行った後、早梅は自身のポケットからラッピングされたチョコを取り出し自分で食べてしまいました


#バツイチアラサー女子と男子高校生1巻 35ページより引用

おそらく壱成にあげる用のチョコだったのでしょうが、壱成の言葉を聴き、渡すのをやめてしまったのでしょう

見事にすれ違ってしまった二人ですが、早梅はチョコを渡せずに残念そうな表情に見えます

チョコのお話は次回にも続きます

第4話 決意

壱成は早梅との買い物中、ホワイトデーコーナーで足が止まります

「本命からもらえたの!?よかったじゃん!!」

と嬉しそうな早梅に

「そういえば同居人からは貰ってねぇな」

と苦し紛れの反撃!

一応用意はしていた早梅が、壱成以外には渡したと答えます


#バツイチアラサー女子と男子高校生1巻 38ページより引用

さすがに壱成はショックを受けたみたいですね

これには大きなすれ違いがあったので仕方がないとはおもいますが…

本命からは貰えなかったと答える壱成に

「ホワイトデーあげたら?意識させたいんでしょう?」

と早梅はアドバイスを送ります

これには目から鱗の壱成

しかし当の早梅本人からのアドバイス…ホワイトデーにチョコを渡すと決意しました

第5話 お返し

早梅からのアドバイスで壱成はホワイトデーにチョコを送ると決意しました!

自身の恥ずかしさと、早梅の喜ぶ顔を天秤にかけながらチョコを選びます

壱成の方はもう完全に早梅にゾッコンみたいです


#バツイチアラサー女子と男子高校生1巻 43ページより引用

家に帰ると早梅が庭で雪かきをしていました

壱成の帰宅に気がついた早梅は、壱成が隠し物(早梅へのチョコ)を持っているのを発見します


#バツイチアラサー女子と男子高校生1巻 48ページより引用

見たがる早梅、嫌がる壱成

ここから猛烈な奪い合いが発生しました!

この奪い合いも姉弟のやり取りみたいで微笑ましいです。。。

勝者は早梅!

見せて!と迫る早梅にチョコを投げつけます

「いらなくなったから、やる」

早梅のなかで、いらなくなった=本命に振られた という方程式が成り立ち微妙な空気に…

励ます早梅に壱成は

「絶対俺のものにすると決めてる」

そう宣言しました


1巻本編の内容は以上になります!

早梅に意識して貰いたいけど、プライドが邪魔して上手くいかない壱成は見ていてもどかしい!!

二人の関係が今後どのように発展していくのか期待が高まります!!

また1巻には60ページ以上のおまけマンガも書き下ろされていたので、気になる方はぜひ購読してみてください!!

スポンサーリンク
おすすめの記事