スポンサーリンク

当サイトでは他にも様々な漫画を紹介しています!!
気になった方は下記のリンクより閲覧ください!!

あらすじ

今日から中学生活が始まる主人公の一里ぼっちは極度の人見知り!

別の中学に進学するぼっちの人見知りを心配した幼馴染は、中学校でクラスの子全員と友達にならないと絶好すると言い放ちぼっちを奮起させます。

そんなぼっちが幼馴染との約束を果たすためクラスの同級生全員と友達になろうと頑張ります!!

1巻の登場人物

【一里ぼっち】(ひとり ぼっち)
本作の主人公。心優しく、人を疑わない性格だが天然で不思議な行動が目立つ。
極度の人見知りで中学に上がる前は幼馴染の八原かい以外に友達がいなかった。
かいとの約束を果たし仲直りするためクラスの全員と友達になる努力をすると決意する。

【八原かい】(やわら かい)
ぼっちの幼馴染。自分とは違う中学に進学するぼっちのことを思って友達を作るまで絶交すると言う約束を交わす。
約束を交わした後で大泣きしたり、後日少しずつ友達が増えてきたぼっちをみて喜びと安堵で涙するような友達想いの優しい子。

【砂尾なこ】(すなお なこ)
ぼっちの前の席の子で一番最初の友達。見た目はすこし怖そうだが、友達思いで、からかい好きな可愛い性格。
ぼっちの事情を知らされて、一悶着ありながらも友達作りにも協力してくれている。

【本庄アル】(ほんしょう ある)
ぼっちの2人目の友達。クラスの副委員長でとても優秀な人間を装っているが実はドジな本性を必死に隠しているという残念な子。
ぼっちに対してはとことん優しいが、なこへの当たりは少し強め。(仲は良い)
なことはよく漫才のようなやり取りをしていて、次第に残念さが露呈していく。

【ソトカ・ラキター】(そとか らきたー)
ぼっちの隣の席の子。金髪碧眼スタイル抜群という美人で忍者に会うために一人で日本にやってきた。
人を避けながら行動するぼっちを忍者だと勘違いし、友達になるのを断って弟子となる。
ぼっちを師匠と慕いながらも次第に友達になりたいという想いが強くなっていく。

その1

中学生活初日、友達を作ろうと意気込むぼっちは自己紹介で緊張のあまりいきなり吐いてしまいます 
こんなことでは挫けないと、前の席の子に話しかけようと意気込みますが今度は力が入りすぎて足を攣ります 

ひとりぼっちのまるまる生活1巻6ページより引用

あまりに不審なぼっちの様子に、なこが声をかけると嬉しさのあまり気絶してしまいました


友達になりたいというぼっちに、なこは照れながらも嬉しそうです
なこと友達になったぼっちは嬉しさのあまり再び気絶しました

その2

中学校で初めての友達ができ、挨拶をするシュミレーションをしながら登校するぼっち

なこに挨拶をしますが元気が良すぎて頭突きになります
挨拶を返してくれたなこに喜びながら、ぼっちはもう一度頭突きしました


ひとりぼっちのまるまる生活1巻 12ページより引用

なこと連絡先を交換したいぼっちはいろいろな会話の選択肢を用意してきており、連絡先を交換できるように誘導しようとします

なんとか交換できたぼっちは大喜びです
一日中なことメールのやり取りを楽しんでいました

その3

なこともっと仲良くなりたいぼっちは再び作戦をたてます
夜になると気が大きくなり、やる気満々のぼっち
服のセンスが独特です…(笑


ひとりぼっちのまるまる生活1巻 21ページより引用

翌日、昨夜の自身はどこへやら
どうしようと考えすぎているぼっち

その様子に気づいたなこは学校探検に誘います

探検中、なこは何度もぼっちをからかいますがぼっちは全く気がつきません
なこはからかいがいがあって楽しそうです

トイレにおばけが出そうというなこですが、ぼっちはお構いなしに一人トイレの中へ
「友達になれたらいいなとおもって…」
そう言って落ち込むぼっち、泣けます

放課後、ぼっちは昨夜の作戦を実行、悩みを共有しようとします

「入学以来辺なのに付きまとわれている」
「いきなり友達になりたいと言い出したりする変なやつだけど、楽しいよ」
そう言うなこに

「私もその人と仲良くなれますか!?」
と検討外れなことをいいだすぼっち

無理だと言われ落ち込んでしまいました

その4

「怒った」
そう言ってそっぽを向くなこ
怒ったというか、拗ねているような様子です

なぜ怒っているのかかわからないぼっちは、仲良くなったなこに嫌われてしまったと落ち込んでしまいます

そんなぼっちにアルが話しかけてきて、仲直りを手伝ってくれます

検討はずれな行動をとっているぼっちに困惑しながらも、とにかく話してきなさいと背中を押してくれるアル


ひとりぼっちのまるまる生活1巻 30ページより引用

「最初は怖い人かと思っていたけど…」
なことの馴れ初めから話し始めるぼっち
的外れなぼっちになこも困惑です

なんとか仲直りできたぼっちですが、まだなこが怒っていた理由がわからない様子です

友達になりたいって言われて嬉しかったのに、それが幼馴染との約束を果たすためで誰でも良かったのかと思うとショックだったと言うなこ

「なこちゃんだからこんなに仲良くなりたかったんだよ!」
と言うぼっちになこは照れますが
「はじめは前の席の人だったからだよ!」
再び傷を掘り返すぼっち

ぼっちに悪意はなくただ一生懸命なだけだとしっているなこは
「もういいや」
と割り切った様子

ぼっちの友達づくりに協力するというなこ

「がんばる!」
と答えるぼっちの言葉は敬語じゃなくなっています

けんかをして、仲直りをして、気持ちを共有して更に仲が良くなった様子二人でした

その5

さっそく友達づくりの作戦を立てるぼっちとなこ

ぼっちはなことの仲直りに協力してくれたアルと仲良くなりたいと言い出します

アルの本性にうすうす感づいているなこは胡散臭さを感じながらも協力します


さっそく話しかける二人ですが、アルの残念さをなこが指摘するとアルは落ち込んでしまい走り去っていきました

アルを怒らせたかもと心配になるぼっち

「性悪だったらと思ってつい..」
なこはそう言ってぼっちに謝りながらもアルを探します

落ち込んでいるアルを見つけたぼっちは友達になってくださいとお願いします


ひとりぼっちのまるまる生活1巻 46ページより引用

新しい友達が増えました!

その6

アルに話しかけたいぼっち
しかし人気者のアルに話しかけるタイミングがつかめません!

落ち込んでいるぼっちを連れてなこが代わりに話しかけます

一緒に下校しようと約束できました!!

下校中、なことアルの言い合いを聞いてぼっちには仲がよさそうに見えたみたいです

友達が2人もできたことの無いぼっちにはとても新鮮で、とても楽しい下校になりました

その7

今日はなこがぼっちの家に遊びに来る日!

ぼっちは気合を入れておもてなしをします

勝負服を着てシュミレーション通りおもてなしをするぼっちですが、相変わらず服のセンスは独特です

張り切っているぼっちですが誤ってなこに紅茶をこぼしてしまいます
迷惑をかけてしまい落ち込むぼっちですが、私に迷惑かけても泣かなくて良いというなこの言葉に涙をこらえます!

そんなぼっちですが、はりきりすぎたせいか熱が出てきてしまいます
今日は帰るから安静にしていろと言うなこ
まだお別れしたくないぼっちは泣きそうになりますが、約束をおもいだして何とか涙をこらえました

不器用ですが一生懸命で可愛いです!!


ひとりぼっちのまるまる生活1巻 64ページより引用

その8

なこは見た目の怖さから不良と間違われています

担任の押江照代(おしえ てるよ)にも怖がられるほどです!

軽くショックだったなこは、そんなに怖いか?とアルに尋ねます

「話しかけるなオーラ出しすぎよ!」
「でも本当は優しいってこと、仲良くなってから知ったよ」
ふだんはよく言い合いをしているアルですが、なこの良い所はよく知っています!

いっぽう風邪で学校を休んでいるぼっちはなこやアルに友達になったことを忘れられていないか不安で仕方ありません!!
どんどん悪い想像をして泣き出してしまいます

風邪で休んでいるぼっちの家へプリントを届けに来たなことアルを見てぼっちが家から飛び出てきます!
「友達になった、一里ぼっちです!わかりますか?」

不安そうなぼっちをなこはからかいます
「はじめましてですよね?」
ふたたびぼっちはおお泣きです!

なこはほんとうにからかうのが好きですね~


ひとりぼっちのまるまる生活1巻 72ページより引用

プリントを渡し終え、

「早く元気になって学校きてね、待ってるから」


なこにそう言ってもらいぼっちはうれしそうに頷くのでした!!

その9

中学生になって2ヶ月が経ち、友達も2人できたぼっちですが人見知りはまだ治っていない様子です

人を避けながらこそこそ登校するぼっちでしたが、突然同じクラスのソトカ・ラキターに話しかけられます

「あなたを探していました!!ソトカの目はごまかせませんよ、あなたは忍者です!!」

突然のできごとに困惑しながらもぼっちは、
「の、NO」
と答えます

落ち込むソトカをよそに、ぼっちは朝から外国の人と英会話できたと嬉しそうに登校しました

その10

ぼっちが忍者ではない、その事実に落ちこむソトカをなんとか元気付けたいぼっちはなことアルに相談を持ちかけます

喋りかけるのは無理だけど…そう言うぼっちには何か考えが浮かんだようです


ソトカを見つけたぼっちは紙で作った手裏剣を投げてみせます

その手裏剣に大喜びのソトカ
折り紙を開いてみると
「私は忍者ではないけど、友達になってください」
ぼっちの字でそう書いてありました

しかし
「本物の忍者が認めるわけ無いですよね!隠密集団ですから!!」
手裏剣をみてぼっちは忍者だと確信してしまったソトカ

「友達にはなりません!ソトカは弟子になります!!」

友達はできませんでしたが、弟子ができました!!

その11

ソトカに師匠として懐かれて困惑しているぼっち
スキンシップが多く、よく抱きついてくるソトカですが、ぼっちは抱きつかれる度に気絶してしまいます

仲良くなる努力はしていますが、やっぱり友達になりたいぼっちは、なことアルに相談します
そこでアルは免許皆伝して師弟関係を解消してはどうかとアドバイスします


ひとりぼっちのまるまる生活1巻 94ページより引用

ぼっちはソトカの免許皆伝にむけて修行をつけることにしました!

「ソトカさんの修行が終わったら友達になってください」
勇気を出して言うぼっちに

「もちろんです!修行頑張ります!!」
そういって抱きつくソトカ

ぼっちは気絶しました

その12

残念な女の子、本庄アルは登校中に学校指定の鞄と間違えてランドセルを持ってきてしまったことに気がつきます

なんとか一日を完璧に過ごしたいアルは今日こそ完璧な自分を演じて見せると決心します

しかし…
英語の時間では翻訳する場所を間違え、古文でも間違え…とミスを繰り返します

次こそはと美化委員の仕事に精を出すアルですが、今日一日ぼっちと話す時間が無かったことに寂しさを覚えます

これも試練だ!とがんばったアルが教室に戻るとそこにはぼっち達がアルの帰りを待っていました!!

「今日アルちゃんとあまり話せなかったから…」
そう言ってアルを待っていたぼっち

「今日は完璧な私もう辞めた!!」
部活をサボりぼっちたちと一緒に帰ると決めたアルの顔はとても嬉しそうです!

下校中、頑張るのもいいけどぼっちは残念なアルも好きなんだよ
なこにそう言われ照れるアル
ぼっち達には素の自分を好きになってもらえているんだと知って嬉しそうです!

次の日もアルの残念さは通常運転!
それでもアルの頑張っている姿を知っているぼっち達は密かに応援しているようでした

その13

ぼっちは初めてカラオケに遊びに来ました!
なこ、アル、ソトカの3人で遊びに行くのも初めてで幸せそうです

初めてのカラオケは目新しいものがいっぱいでぼっちのテンションもあがります!

さっそく歌おうとするぼっちでしたがここにきてようやく人前で歌う恥ずかしさに気がつき固まってしまいました

そこで最初はアルから歌うことになりアルのオリジナル曲【まけるなアル、かがやけアル】を歌います

アルの歌唱中ぼっちは部屋の外に八原かいの姿を見つけて飛び出していきます

ぼっちと絶交中のかいは無視していますがぼっちはかまわず話しかけます
「かいちゃんわたしのこと覚えていますか…?」
「友達できたよ!もっと友達をつくって絶対仲直りするからね!!」

かいはそのまま友達と一緒に行ってしまいますが
部屋に入ったとたん泣き出してしまいます
ぼっちに友達ができた嬉しさ、ぼっちに嫌われていなかった安堵、いろんなものがこみ上げてきます


ひとりぼっちのまるまる生活1巻 115ページより引用

帰り道、ぼっちの事情を知ったソトカは弟子をしながら友達になる方法はないかとなことアルにたずねます

そればっかりはぼっちに聞いてみないとわからないと言う二人

「師匠喜んでくれるかな..怒るかな..」
不安に思いながらもぼっちのことを想うソトカでした


スポンサーリンク
おすすめの記事