スポンサーリンク

この漫画は全話無料で読むことができます!気になる方は下記の記事を閲覧してください!!

あらすじ

ゾンビパンデミックにより町中がゾンビだらけになった世界…

そんな世界で吉竹、浅井、馬場の三人は下宿に立てこもり「死」が身近になった世界を生き抜いていく!

ゾンビの怖さにも慣れてしまった3人は、コメディときどきホラーな日常をゆる~く過ごしていく

登場人物

【吉竹】(よしたけ)
主人公の1人でボブカットの女性。巨乳。 
言動が馬鹿っぽく、トラブルメーカー。
ゾンビに追われ浅井の部屋に逃げこみ、浅井の部屋にゾンビを連れ込んだ張本人。

醤油を借りにいくだけで死ぬことのある世界の中級サバイバルガイド 第1話より引用


【浅井】(あさい)
主人公の1人で黒髪ロングの女性。微乳。
男前な性格で常識人。吉竹が持ってくるトラブルに巻きこまれがち。
今回も吉竹に巻き込まれ、部屋にゾンビを連れて来られる。

醤油を借りにいくだけで死ぬことのある世界の中級サバイバルガイド 第1話より引用


【馬場】(ばば)
主人公の1人で黒髪ロング・ぱっつんの女性(?)無乳。
体が小さく外見は小中学生と言われても頷ける。
口調・気性は一番荒く、その高い運動能力でゾンビを複数まとめて相手取ることもできる。
吉竹が連れてきたゾンビを真っ先に抑えつける。

醤油を借りにいくだけで死ぬことのある世界の中級サバイバルガイド 第1話より引用

第一話 慣れ・オブ・ザ・デッド

ゾンビのいる生活に慣れすぎてしまい警戒を怠った吉竹は、ゾンビに追われて浅井の部屋に逃げ込みます
ゾンビはバリケードをやぶって下宿に侵入したらしいです

机越しにゾンビの動きを封じる馬場、自身の行動を何とか正当化したい吉竹、怒る浅井の3人

テーブル越しにゾンビを押さえつけていた馬場は浅井と交代し退散、浅井が動きを封じている間にゾンビを殺そうとする吉竹

しかし自分の部屋でゾンビを殺したくない浅井は大反対、ゾンビの性質を利用して部屋の外へ誘導します

ゾンビにも気分が存在し、音に最も反応を示します

音と歌で何とか2階から1階へおびき出した浅井ですがバリケードを突破したほかのゾンビに動揺し転倒してしまいます

一人でなんとか応戦する浅井ですがゾンビの数が多く、とうとうゾンビに捕まります

助けに行こうとする吉竹に
「来るな!馬場を連れて2階の窓からにげろ!」
そう言って吉竹を止める浅井

吉竹がどうしようもなく焦っていると着ぐるみに身を包んだ馬場が登場し、浅井を救出します
退散した後、ゾンビを殺す準備をしていたようです

醤油を借りにいくだけで死ぬことのある世界の中級サバイバルガイド 第1話より引用

ゾンビたちを次々殺していく馬場、結局一人ですべてのゾンビを殺し終えます
やはり身体能力は非常に高いと思われます

ゾンビに噛まれていないか確認している浅井に吉竹が泣きつきます


久しぶりに死ぬ恐怖を思い出した3人
彼女達の日常が終わる日はくるのか…


醤油を借りにいくだけで死ぬことのある世界の中級サバイバルガイドの一話ネタバレは以上になります

人の本性は死に直面したときに出ると言いますが、吉竹・浅井・馬場は三人が三人ともお互いのために命を賭すことのできる仲間想いの人物であることが良くわかります

ゆるい日常のなかで、こういう熱い人情やホラーの展開が楽しめるとても斬新な漫画です!ほかの漫画では味わえない面白さがありました!!

スポンサーリンク
おすすめの記事