スポンサーリンク

⇒【宇崎ちゃんは遊びたい!に関する記事はこちら

宇崎ちゃんは遊びたい!は現在ニコニコ漫画にて無料で読むことができます
⇒【宇崎ちゃんは遊びたい!を無料で読む方法

第17話 後輩とチョコミント

↓前回16話に関する記事はこちら↓

前回からつづく榊VS亜実の論争に巻き込まれたくない先輩は、食堂に戻れないままベンチでアイスを食べています

先輩が奢ってくれたのだから、とアイスをおすそ分けしてきた宇崎でしたがチョコミントが苦手な先輩は宇崎の地雷を踏み抜きます

「チョコミントって歯磨き粉と同じじゃね?」

この発言に怒り心頭の宇崎
怒りのままに演説をはじめ、チョコミントのおいしさを説く宇崎
一方の先輩はポカンとしています

宇崎ちゃんは遊びたい! 17話より引用

自分が理解できないからって馬鹿にするのはよくない!と怒り続ける宇崎に先輩も言い訳を始めます

「子供の頃食べたミント味のガムがトラウマなんだよ。だからチョコミントも食ったこと無い」

先輩のこの発言に宇崎は更なる怒りをあらわにします

「食べたことも無いのにチョコミント馬鹿にしてたんスか!!!」
今までに無い剣幕で怒りにじり寄ってくる宇崎

流石の先輩も、宇崎のあまりの剣幕に謝り倒しすほかないようです

ものは試し、と先輩にチョコミントアイスを食べさせようとする宇崎ですが、食べる寸前で先輩はあることに気が付きます

(このまま食べたら間接キスじゃないか…??)
純情硬派の先輩にとっては間接キスすら大きな問題です!!

葛藤しながらも「ここで断ったらまた宇崎が面倒くさくなる」、とアイスをパクっと一口

顔を赤くしながら「おいしい」と答える先輩、宇崎はまだ間接キスには気が付いていません

先輩にチョコミントのおいしさが伝わって嬉しそうな宇崎は、自分もアイスをパクリ
ここで初めて間接キスをしていることに気がつきました!

顔を真っ赤にして
「すみません..//」
と誤る宇崎

顔を背けながら
「え、何が?」
としらばっくれる先輩

微妙な空気になりながらも、ミントを克服できた先輩なのでした

第17話 感想

今回もごちそうさまでした!!(笑

先輩の食わず嫌いを矯正することで頭が一杯の宇崎ちゃんは間接キスに全く気が付いていませんでしたね
食わず嫌い治ったとたんに冷静になって気が付くあたり宇崎ちゃんらしいな~と思いました

先輩の方は相変わらず異性の行動に敏感なムッツリさんですね
一瞬で間接キスに気が付いて顔を真っ赤にしていました

間接キスの恥ずかしさと、断ったときの面倒くささを天秤にかけて直ぐに判断できるのも仲の良い2人だからこそですね

間接キスで顔を赤めらている辺りやはりお互いに異性としての意識はありそうですね

お互いに意識しだした2人の初々しい反応を楽しむのもこの漫画の醍醐味の1つとなってきましたね!
普段は悪友のような関係なのに、ふとした瞬間感じる甘酸っぱさがドストライクです!!!

⇒【宇崎ちゃんは遊びたい!に関する記事はこちら
⇒【他ネタバレ記事はこちら

↓次回18話に関する記事はこちら↓

スポンサーリンク
おすすめの記事