スポンサーリンク

6巻から新登場する人物を紹介!

望月 紅葉(もちづき もみじ)
キャラ班にインターンでやってきた学生
青葉と同様、八神コウに憧れてデザイナーを目指している
コミュニケーションが苦手で、ズボラな一面もある
青葉からは初対面時に「ひふみ先輩っぽい」という印象を抱かれている

鳴海 ツバメ(なるみ つばめ)
プログラマー班にインターシップでやってきた学生
幼馴染の紅葉の影響でプログラマーを目指す
紅葉とは対照的に社交的だが、ある理由から自身の評価に強くこだわっている

⇒【NEW_GAME!に関する記事はこちら

とうとう青葉にも後輩が!

今日からとうとう青葉にも後輩ができます!

キャラ班に紅葉、プログラマー班にはねねとツバメが新しく加わりました!

後輩とはいっても皆同い年で、特に同じキャラ班の紅葉は、「PECO」のキャラデザを担当した青葉に早速ライバル心を抱いたようです

「負けませんから」
と静かに闘志を燃やしていました

絵のことになると真剣な紅葉ですが、それ以外に関しては抜けていて…
青葉の名前を間違えたり、口下手だったりと意外に天然さんみたいです

そんな紅葉ですが、キービジュアルのデザインを決めた際に青葉がコンペに負けてデザイナーを下ろされた事を聞いたときには青葉に対する尊敬の念を持ちます

NEW_GAME! 6巻より引用

紅葉にとって青葉はライバルでもあり、尊敬できる同い年の上司のようですね

青葉は入社1年ながら、多くの経験を積んできただけあって既に先輩の風格がでてきているようです!!

ねね と なる

プログラマー班に新しく入ったねねとツバメはお互いにコミュニケーションが上手く、最初から直ぐ打ち解けていました

しかし、ねねの入社した理由を聞いた途端ツバメの態度が一転し、ねねに対して厳しく当たるようになってしまいました

ツバメの態度には理由がありました

ツバメは、実家の旅館を継がせたい親の反対を押し切ってプログラマーを目指しており、なんとしてでもインターンシップで採用される必要がありました

採用されなければプログラマーへの道を諦めて旅館を継がなければならないツバメにとって、実力が伴っていないにも関わらず、うみこの推薦で入社したねねが疎ましかったのです

そんなツバメに思わぬ問題が発生します

評価だけを気にして、早く仕事を終えることに注力しすぎた結果、ツバメのプログラムにはバグが大量に発生してしまいました

夢が潰えてしまったと落ち込むツバメにねねが助け舟を出します

ねねは紅葉からツバメの事情を聞いており
ツバメから厳しい対応を受けても、陰ながらツバメを応援していたのです


NEW_GAME! 6巻より引用

デバックのバイトで培った経験を活かし、ねねはバグを修正していきます

ねねの助けもあり、何とかバグの修正が終わりツバメも合格を貰えました!!

ツバメはいままでの態度を謝罪し、2人の間に蟠りは無くなりました!!

コウの決意!

「PECO」に関するトークイベントにやってきたイーグルジャンプの皆は、関係者席からコウのトークショーを観覧しています

トーク中にコウは青葉をステージに呼びます


NEW_GAME! 6巻より引用

コウにとって青葉がどれだけ大事で期待している後輩なのかが良く分かります

デザイナーとしての青葉の努力を一番良く知っているコウはどうしても皆に紹介したかったのでしょう

会社に戻ったみんなにコウの口から「フランスの会社へ行きゲームを作りたい」聞かされます

青葉とのキャラコンペで自分の今の技術が満足してしまっていることを感じたコウは、全く違う環境でゲームを作りたいと思いようになりました

そこで大和の妹がゲームを作っている会社へ勉強に行こうと考えたのです

(止めたい)
と思いながらも、青葉は上手く言葉を伝えられませんでした

コウが日本を経つ当日、いつも通り会社に出社してきた青葉を紅葉が連れ出します

意地をはって本心を飲み込んだままの青葉に気がついた紅葉は会社をサボりコウのいる空港へ連れて行きました

コウと対面した青葉は伝えたかった本心をぶつけます


NEW_GAME! 6巻より引用

場所が変わったとしても、先輩として見守るコウと、後輩として目標にする青葉の関係は変わりません!!

⇒【他漫画のネタバレ記事はこちら

スポンサーリンク
おすすめの記事