スポンサーリンク

【ランウェイで笑って】を解説!

【ランウェイで笑って】は現在週刊少年マガジンにて連載中の漫画で、モデルを目指すヒロインとファッションデザイナーを目指す主人公の夢を追う成長を描いた物語です

低身長女子と貧乏少年が「無理」「ありえない」を覆します!!

今回は【ランウェイで笑って】1巻の見所やあらすじをネタバレしていきます!
⇒【その他漫画のネタバレ記事はこちらから

藤戸千雪(ふじとちゆき)

小さい頃から「パリ・コレ」モデルに憧れ、努力を続けてきた千雪

モデルにとって必要な技術や頭身などを努力で培ってきた千雪でしたが、最も重要な身長に恵まれませんでした

「パリ・コレ」を目指すなら最低でも175cmと言われる中、千雪の身長は小学四年生から1cmも伸びることなく158cmのまま高校3年生を迎えました

父親が社長を勤める会社・イルネージュを、低身長が原因で2年前にクビになった千雪ですが
【気持ちが負けたら運も負ける】
と言うモットーに従い、今日もイルネージュのオーディションを受けます

しかし選考員の雫には
「その身長では無理
かつてパリ・コレで活躍したモデルでもある雫にもこう言われてしまいます

目指したい夢があっても、持って生まれたものが目指すことを許してくれない
でもそんなことは父の会社・イルネージュでパリ・コレに出るという夢を諦める理由にはなりません

他人に無理だと言われても、自分が納得できなければ追い続ける
それが藤戸千雪という女の子です!!


ランウェイで笑って1巻より引用

都村育人(つむらいくと)

育人はファッションデザイナーに憧れながらも、家が貧乏であるという理由で、専門学校への進学か就職かで悩んでいました


ランウェイで笑って1巻より引用

育人は服作りは大好きだが、物凄く頭の良いのに家計のために就職を希望する長女、バレーが上手いのに遠征費を気にして強豪校からの誘いを断る次女、年が離れている三女の妹達に無理をさせたくないという理由で就職を希望しました

千雪と同じく、持って生まれたものに夢を阻まれ、千雪とは異なり夢を諦めようとしている育人

そんな育人は千雪と出会い、デザイナーへの夢を追いかけることになります!

2人の出会い

育人と千雪は同じ高校に通っています

進路希望表を回収するために育人のもとへやってきた千雪

手芸部として多くの服を作ってきた育人の服好きは、ほぼ初めて関わった千雪にも伝わるほどでした

進路希望に【就職】と書いている育人に
「デザイナーになればいいのに」
と素直な気持ちを伝える千雪でしたが、育人は金銭的な問題で進学を諦めていました

「高卒でもファッションデザイナーになれると思いますか..?」
と業界にくわしい千雪に尋ねる育人でしたが

「新卒雇用条件は大卒・専門卒からだし無理なんじゃない?」
という千雪の返答を聞いて、育人はファッションデザイナーへの道は完全に諦めたようです

育人が進学しないのは家族のためだと聞いた千雪は、生まれ持ったものが夢を阻んでくるという状況が自分に似ていると親近感を持ちます
それと同時に「無理なんじゃない」という言葉を投げかけてしまったことを深く後悔しました

夢を諦めないというモットーを曲げないためにも
【千雪でもパリ・コレに出れること】【育人でもデザイナーになれること】
を証明するために2人は手を組みます


ランウェイで笑って1巻より引用

才能

自身のモットーに従い、育人に服作りを依頼する千雪
育人に千雪専用の服を作ってもらい、その服を着てイルネージュのオーディションにでるつもりみたいです

身長のせいで何度も酷評され、何度も落とされながらもオーディションに根気強く参加し、今回も
「諦めちゃったら私じゃいられない」
といってオーディションを受ける千雪

158cmという恵まれない体格でパリコレという無謀な夢を追い続ける千雪にこれ以上苦しい思いをして欲しくないという気持ちがあった雫ですが、 千雪の姿にほんの少しだけ可能性を見出します

何度も突き返された千雪でしたが、とうとうイルネージュと契約することが出来ました!!

一歩前進したのは千雪だけでは無く…

千雪の服をデザインした育人の腕が千雪の父にしてイルネージュの社長でもある藤戸研二の目に留まります

高校生である育人を会社で雇うことは出来ませんが、育人の才能を見出した研二は育人にプロのデザイナーを紹介します

柳田 一(やなぎだ はじめ)との出会い

研二の紹介を受けた育人がやってきたのは柳田一というプロデザイナーの下でした

千雪をして「性格最悪」と言わしめる柳田は育人の手際を見るなり
「ヘタクソは帰ってくれ」
と育人を追い出します

見た目に寄らず頑固な育人はそれでも仕事場に居座り作業に参加しようとします

足を引っ張りまくりな一日目と思いきや、デザイナーとは違う分野の新たな才能が育人にあることが発覚します


ランウェイで笑って1巻より引用

⇒【その他漫画のネタバレ記事はこちら

スポンサーリンク
おすすめの記事