スポンサーリンク

第44話 性格の悪さ

無料登録してサトラレを読もう!

父親に対する悪態を見逃せなかった甚は千景に対して説教を始めます

「階段から落ちた千景の頭を庇ってくれたのはお父さんだろう」
そんな父親に対してお礼も言わずに悪態を吐いた千景を許せなかったみたいですね

千景自身も助けてもらった自覚があったようで、少しバツが悪い表情です

それでも素直に引き下がれず、親ならそうするのが当たり前だと言い返す千景

引き下がろうとしない千景に、これ以上は喧嘩になると踏んだ甚は話を切り上げてコンビニに行ってしまいました

コンビニへ行くと言って家を出た甚は、千景の父親を追いかけます

勝手に千景の母親に会ってしまったことを誤る甚に、千景の父親から質問が投げかけられます

「人の性格を何で判断するのか?」

これが千景に関する質問であることは甚もすぐに気がつきました

人々は千景の『性格が悪い』と言いつづけ、それを理由に千景を避けてきました

しかし千景の悪態は本来聞こえるはずの無い”思念”であって、千景自身が言葉にしたものでは決してありません
千景は相手を害する発言を思念に留めるだけのモラルを持っています

千景には常識のある範囲でしか発言しないという、ごく一般的なモラルがしっかりと備わっているのです

サトラレ 第44話より引用

一番理解している親ですら、分かってはいても拒絶してしまう、それが『サトラレ』という病気なのでしょう

まずは体験から!アニメも漫画も好きなだけ!

感想

今回の話を見れば見るほど悲しいエピソードに感じますね...

さんざん人に避けられ、性格を罵られてきたが、原因は千景ではなくサトラレ

サトラレでなければ千景は悪態が表に漏れることも無く、常識のある女の子としての生活が送れたはずです

それを理解しているからこそ、父親は苦しいでしょうね

父親からの直接話を受けた甚は今後どのように千景と関わっていくのでしょうか

甚自身も千景を『性格が悪い』女子であると思っていたでしょうが、その考えに変化は起きるのでしょうか

千景を最もよく理解している父親との接触で甚はどのように変化していくのかを楽しみにしておきます!

無料登録してサトラレを読もう!

スポンサーリンク
おすすめの記事