スポンサーリンク

第16話

見える子ちゃんを読むならU-NEXT

みこが通う学校の先生が明日から産休に入るようです
お腹の赤ちゃんも大きくなってきて、みこやハナも興味深々です

みこは先生のお腹の近くに何かの手のような物が伸びているのを発見します

みこにしか見ることのできない”手のようなもの”に不安を覚えたみこでしたが、お腹の子供に手が伸びているなんてことを先生に伝えるわけにはいけません

結局「体を大事にして」と注意を促すに収めます

みこの注意に対して「今度は大丈夫」と意味深な返答をする先生
どうやら過去に男の子を産むことができず亡くしてしまったことがあるとのことです

お腹の子に伸びていたのは、生まれてくることができなかった”お兄ちゃん”の手だったのでしょう

産休に入った先生の変わりに臨時教師が来ることになりました

「さわやか」「優しそう」
などとクラスの女子にはかなり好印象な臨時教師でしたがみこの顔だけは青ざめています

なんとこの臨時教師というのが過去に猫の里親として現れた、多数の猫の怨霊に取り憑かれた訳アリの青年・遠野善だったのです!!

見える子ちゃん 第16話より引用

”ヤバイやつ”を無視するよりもヤバイ事になりそうです…

U-NEXTを無料で体験!

感想

みこの能力で久しぶりに”ヤバクない”ものが見えましたね

生まれてくることの無かったお兄ちゃんが生まれてくる兄弟を見守っていてくれれば先生も安心ですね!!

感動的な話で終わるのかと思えばとんでもない展開が待ち構えていました…!!

数多くの怨霊に取りつかれている猫殺し(仮)の善が臨時教員で登場です
善を見た時のみこの表情が”ヤバイやつ”を見た時と全く同じです

いろいろな”ヤバイやつ”を見てきたことで、霊の善し悪しが判断できるようになっているみたいですね
直感的に善に憑いている霊は”ヤバイ”方だと分かったのでしょうね

善という名前の癖にぜんぜん善い人そうじゃないです…

スポンサーリンク
おすすめの記事