スポンサーリンク

第47話 よっちんの嘘

サトラレを読むなら無料トライアルで!!

「よっちんの様子がおかしい」
様子のおかしい友人を心配する千景と、成長を見守るべく千景に手を貸すことに決めた甚はココ最近のよっちんの動向を探っていますがまったく尻尾を掴めていないみたいです

サトラレである千景に尾行は向いていませんね...
おそらく思念で尾行の計画がダダ漏れでしょう

今日も朝からよっちんを待ち伏せしていた千景と甚でしたが、よっちんは待ち伏せをされることを見透かしていたかように2人より先に登校してしまっていました

とことん尾行を回避されてしまい、千景だけでなく甚まで躍起になってきます

その後も全く不振な様子を見せないよっちんに、千景ですら「よっちんの様子がおかしい」と感じたのは気のせいかもしれないと考えるようになってきました

そんな時、よっちんが腹痛を理由に学校を早退するといいだしました

流石に変だと感じた千景はよっちんに「何かあった?」と質問します

サトラレとしてでは無く、純粋に友人として心配する千景でしたがよっちんからの返答は「なんでもない」という誰にでも分かるような嘘でした

対策委員としてサトラレである千景に嘘をつき続けているよっちんですが、純粋に友人として接してきた千景に嘘を付く描写は初めてですね

サトラレ 第47話より引用

翌日、千景を担当する対策委員が学校の屋上に集まりました

そこで初めてよっちんの嘘の原因が明かされます
どうやらよっちんのお父さんが事故で入院中らしく、容態が悪かったために最近はお見舞いにいっていたようです

心配している千景にも原因を話してみてはどうかと言う甚に、よっちんからこの日一番の爆弾発言が落とされます

「父親がサトラレなんだ」

サトラレを読むなら無料トライアルで!!

感想

見舞いに行っている父親がサトラレ...
それは千景には言えませんね

サトラレ同士が出会って、思念どうして会話が成立してしまおうものなら千景にサトラレを自覚させてしまうことになります

よっちんが嘘をついてまで千景を遠ざけていたのはあくまで対策委員としての行動だったということですね

対策委員兼友人を自称している甚は今回もしっかり友人として活躍してくれました

友人思いの千景に嘘をついて欲しくない一心でよっちんを説得しようとしましたが、まさかここまでヘビーな理由があったとは想像できませんでしたね

スポンサーリンク
おすすめの記事