スポンサーリンク

後輩と料理修行4

宇崎家での料理修行も4回目!
ただ、今までと違って今回は宇崎と先輩のマンツーマンで料理修行が行われます

遡ること、料理修行前夜

宇崎の先輩をどうしても拝みたい柳(宇崎の妹)は姉に絡みまくりです

母親に先輩の写真を撮ってもらうように頼んだり、挙句の果てには学校を休んで自分も料理修行参加するとまで言い出しました!

もちろんそんなことは許されず柳の参加は見送られましたが、お母さんもまた用事があって料理修行に参加できないといいます

そんなこんなあって、先輩と宇崎のマンツーマンで料理修行が始まります

料理の傍らで、先輩が宇崎家に入り浸る理由の1つである猫との触れ合いの場が設けられます

宇崎家にお邪魔した当初は警戒されまくっていた先輩ですが、その後何度も家にやって来たことで警戒が解けたのか、とうとう2匹の内1匹だけですが猫を抱っこするに至りました!

猫と触れ合えて先輩がホカホカしていた時、宇崎のお母さんは先輩たちのバイト先である喫茶店にいました
どうやら「用事がある」と言ったのは嘘で、先輩と宇崎の関係が全く進展していないことを気遣って二人だけの時間を作ってあげたみたいです

帰り道、先輩とお母さんがバッタリ出会いました

(猫が抱けて)嬉しそうな先輩の様子を見たお母さんは早速、宇崎と恋人同士になったものと勘違いします

「(猫が)抱けて嬉しかった」
と語る先輩に表情が凍り

「(1匹だけでなく2匹)同時に抱きたい」
という言葉で再びアンジャッシュが始まりました

感想

待望の料理修行回...でしたがお父さんや兄弟との面会はありませんでしたね
料理回といっても先輩が猫を抱いて、お母さんとの間に再び誤解を生んだだけでしたが(笑

娘の恋を応援するために喫茶店で時間をつぶしていたお母さんですが、喫茶店にいる時からずっと先輩から向けられた好意(勘違い)について考えていましたね

帰り道で先輩と出くわした時にも思いましたが、このお母さん先輩からの好意に満更でも無さそう...(笑

こりゃ宇崎の恋敵センサーにも引っかかる訳だ

スポンサーリンク
おすすめの記事