スポンサーリンク

第3巻のネタバレ!

第3巻は”謎の男”、遠野善の登場から始まります

2巻のラストに臨時教師としてみこ達のクラスへやってきた善でしたが、たくさんの猫の霊に取り憑かれているようで、みこからはかなり警戒されている謎の男です

そしてとうとう事件がおこります
ヤバイやつに好かれやすい体質のハナが、善に取り憑いた大量のヤバイやつ達の影響で体調を崩してしまいます!!

これには流石のみこもブチ切れです!!

なんとか自分だけで解決しようと、帰宅中の善の後をつけていたみこは、とうとう善が捨て猫に手を出そうとしている場面に出くわします

このままでは猫が危ないと感じたみこが声を荒げて飛び出すと、捨て猫が道路へ逃げ出してしまいます

そこへ運悪くやって来たトラックに危うく轢かれてしまうところで飛び出したのはなんと善でした!!

話を聞くと、善は母親から抑圧された生活を送っており友達1人できない幼少時代を送っていました
そんな善にとって唯一の遊び相手だった捨て猫も母親のてによって殺されてしまい、善は完全に心を閉ざしてしまいます

母親の死と共に開放されたかに思えたのですが、母親は死してなお善に執着し、善が拾ってきた猫たちを殺してしまいます

善に取り憑いていた猫たちは、みな善に拾われた猫だったようですね

そして、諸悪の根源である母親の霊もみこの計らいで除霊され、善は完全に自由になりました!!

めでたしめでたしと思われたのですが、ここでまたどんでん返しです
捨て猫を殺して回っている男を見つけた善はその男を手にかけてしまいます

完全に疑いが晴れたと思った矢先の展開に完全に置いてけぼりです!!

また、3巻ではユリアとの日常パートも楽しめます!

一緒に昼食を食べたり、おばけ屋敷に行ったりと順調に仲良くなっていますね!!

感想

「最初から最後まで展開に翻弄される」というのが3巻を読んだ後の素直な感想です!

完全に悪者として登場した善が実は良い人で、原因はすべて母親にあった...と思いきや善の犯罪が発覚!?
考えがあっち行ったりこっち行ったりして常に翻弄されていました(笑

そして何といっても作画が神ってましたね!!

22話で母親の霊を倒すシーンの躍動感たるや...!!
見開き一杯で数ページに渡って描かれた戦闘シーンは鳥肌がたちますよ!!!

シリアス多めな3巻でしたが、ユリアの日常パートも箸休めに丁度良かったです
みこやハナのことを”友人”として大事に思っているのが良く分かりました

口では”ちゃん付け”ですが、心の中では”呼び捨て”になっているのがユリアっぽくて良いですよね

ただ、未だにみこのことは怖いようで(過去にチョークスリーパーで落とされています)善のせいでハナが体調を崩したと知りブチ切れたみこの表情をみて逃げ出しちゃいました

見栄張りだけど小心者なのが可愛いですよね!

スポンサーリンク
おすすめの記事