スポンサーリンク

見所を紹介!

コウやひふみに続き次はゆんをモチーフにしたキャラクターデザインを書くことになった青葉はイメージを得るためにゆんに取材します

仕様では”盗賊の若頭”として登場するみたいですが、ゆんの希望は全くの正反対で”エルフ族も娘”をご所望です

”盗賊”か”エルフ”か...青葉とゆんが押し問答している時に、DDR製作時にキャラ作りを委託していた会社の社員である”たまちゃん”こと一色たまこがやってきました

今回のゲーム製作でも外注することになり、事前打ち合わせとしてたまこがやって来たようです

運悪く2人の押し問答に巻き込まれたたまこでしたが、「ゆんのイメージが盗賊かエルフか」なんて答えられる訳も無く...
折衷案として「エルフの盗賊」と答えてしまいます

「エルフの盗賊」という案が意外にも青葉やゆんに気に入られ、早速企画班に申し立てです

企画に参加していたはじめに意見した青葉たちでしたが、取り付く島も無く却下されてしまいます

その様子を見ていた紅葉が、たまこの様子が可笑しいことに気がつきます
どうやらさらに打開案が思い浮かんだようですね

外注といっても一緒にゲームを作っていくことになるたまこの意見に全員耳を傾けます

たまこ自身も「会社のパイプ役としてではなく代表として来ている」と、自身の意見をしっかり伝えました

たまこの打開案は青葉やゆん、はじめの主張をすべて解決しており、同席していたしずくから2つ返事でGOサインを貰います

たまこのおかげで話が纏まり、早速青葉も作業に移ります

感想

たまちゃん再登場回でした!!

初登場時はおどおどしてたイメージが強かったですが、DDR時の失敗やコウの元でしごかれたことでかなり成長した様に感じました
「パイプ役ではなく代表として」という台詞にすべて集約されていますね!!

こんごもっと出番が増えて仕事上の付き合いだけではなく、日常的な付き合いが増えたりすると個人的に嬉しかったりします(笑

見逃しがちですがゆんの成長にも注目ですね!

コウという圧倒的な存在がいることで「報われない頑張りは格好悪い」と、目標や夢を持たずにやってきたゆんですが青葉に触発され、ひふみに変わってリーダーを任されたことでかなり前向きになりましたね!

イーグルジャンプの社員ではないということもあってか少し腰が引けているたまこのケアもしっかりこなしていました!!

スポンサーリンク
おすすめの記事